東京都知事、舛添さんのお話を聞きました・・

 昨夜、舛添さんの記者会見の映像を夫公朗が見せてくれました。2時間半という長時間だそう・・そんなに長い時間・・というか全部を見る気ははじめからなかったのですが、とりあえずどんなことを喋っているのかなぁ・・て、ちょっ興味がありました。

民放テレビ、NHK、新聞各社の関係者から、それぞれが細かい数字ほかなどをあげて質問していました。

・・・で、この舛添さんというお方のこと、わたしはとても良く理解できました。

ほとんど全員の質問者に対して「それに関しましては、厳しく専門家から調べていただいてから・・・」、「第3者から厳しく調べていただいてから・・・」
もうそれしか言わない。質問者から「これは第3者というこではなくて、舛添さんご自身のご意見を・・・」と言われても、相変わらず「先ほどから申し上げていますように、それは、厳しく専門家から調べていただいてから・・・」

えらく難しい勉強をされてメチャクチャ頭の良い人のようですが、でもわたしはあまりの愚かささ加減に、しまいには笑ってしまいました!!!

 

 話しはかわりますが、先週の日曜日15日に信州上田市にある真田家祈願所、海禅寺「聖天祭」にて奉納演奏をさせていただきました。

真田昌幸公が上田城鬼門除けの寺として海禅寺を建立して以来、境内にてお守りしている聖天さん。聖天さんとは、象の頭を持ったインドがルーツの神様で、密教独特の仏様です。ご本尊さまは大日如来様です。副住職さまが本堂、不動堂、聖天堂とご案内をして下さいました。

わたしは15年ほど曹洞宗詠賛歌を習っていましたが、最近その中で「花供養御和讃」というお唱えがとても心にしみています。

副ご住職のお話を伺いながら、今日はやはり「花供養御和讃」を・・と心が決まりました。わたし達みんなのこころにお花を捧げましょう・・(あんまり効き目ないかもしれないけど、都知事の舛添さんにも捧げたほうが良いでしょうか?)

 そして公朗の奏でるシタールはたゆたうように、唄うように、みな様のこころにしみ入ったようでした。ありがとうございました。

シタール奉納演奏聖天祭@海禅寺
信州上田にある真田家祈願所、海禅寺「聖天祭」にて奉納演奏
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です