エレキ紙芝居とコラボ

6日の月曜日、西荻の「音や金時」で<エレキ紙芝居>とのコラボがあった。音は僕のシタール、スヴァラマンダラと吉見征樹のタブラ、トイズ。
エレキ紙芝居のゴロ画伯(何となく怪しそうな名前)は初対面。と思ってたら以前僕のライブにいらした事がある方だった。お会いしてすぐご縁を感じたほどのお人柄。


リハがはじまると直ぐ 面白い と素直に思った。当日の演目は 「耳なし芳一」「宮沢賢治」「蜘蛛の糸の続編(笑)」。それらの前後にゴロ画伯の経験、勝手な想像にもとづくアホな話。映画の絵コンテ(おくりびと 等)などか描かれていたプロの漫画家、イラストレーター。おまけに語り、話がうまい。


今回は仏教色が濃い演目で、これならお寺で演じるのにピッタリ。檀家さんのおじいちゃん、おばあちゃんにも楽しんで頂けると思う。
なにはともあれ、仏教の教え、笑、ノスタルジーと濃い内容でどなたにでも楽しんで頂けると思います。

あっ!吉見征樹と僕の音がさらに盛り上げます、たぶん!
・・という事で寺院ライブ計画中です。企画してみたいと思う方、僕にご連絡下さい。(ゼッタイにおもしろいライブになること請け合いです)

ちなみに来週13日の月曜日は同じ音や金時で僕と美郷でライブします。pm7:30 チャージ2500円+オーダー

ヨガ教室のためのラーガ

NPO法人国際ヨガ協会の松嶌徹会長様から ヨガ教室で使用するラーガのCDを作りたい との話を夏にいただいた。

朝のクラス、昼のクラス、夜のクラスのために3枚のCDを作ることになった。

まず レコーディングの場所をどこにするか、貸しスタジオはシタールには響き、雰囲気を考えるとピンとこない。響きの良いスペースを借りられるが時間的制約など今ひとつ心が向かない。結局 誰にも縛られない自宅の一室でレコーディングをすることにした。

ラーガを録音する時は一発録り、一曲50分前後、途中でミスると最初から録り直し。思考回路をオフにしないといけない。ラーガ3曲を録るのに3~4日を予定してたが2日で3曲のレコーディングを終えた。

ヨガ教室のためのラーガ
ヨガ教室のためのラーガ

10月10日に1枚目にあたる午後のクラスのための『RAGA Bhimpalasi』がリリースされた。このラーガは午後の気怠さが混じった静寂感が漂う雰囲気を持っている。ヨガの練習に使うので全体的にゆっくりと流れるよう心がけた。またシタールの音でヨガに集中出来なくなると良くない というところに一番気を使った。

来年には朝、夜のクラスのためのCDがリリースされる予定である。

ragabhimpalasi_koroご注文 お待ちしています。

 

シタールソロアルバム秘話

3作目のCD<ALAKNANDA>は4つのラーガのアーラープ(西洋音楽でいうところの前奏部分に近い)を収録したアルバム。
インド音楽の魅力のエキスがこのアーラープに凝縮されている。インド音楽の最もデリケートな部分だ。

伴奏には2本のタンブーラを僕の両わきで弾いてもらった。1本はベースタンブーラ(こんな名前のタンブーラはインドには無い)。
<ALAKNANDA>というタイトルはガンジス河上流バデリナースを流れる川の名前。
僕がシタールを始めた原点、その想いを込めジャケットには最初の音楽ノートの表紙を使った。かなりボロボロになってるがいい表情をだしてくれた。
録音はシタールから直接、空間で響く音を2種類のマイクで録った。ただ最後の「ラーガ・バーゲーシュリ」だけはタンブーラの伴奏も無くし、空間で響く音をひろうマイクもオフにしてシタールの音を直でひろうマイクだけで収録した。

アラクナンダ

「ALAKNANDA」をお持ちの方は聴き比べていただけると嬉しいです。そしてご感想などいただけるともっと嬉しいです。

 

御詠歌と僕

 僕は生まれてから今まで、お寺さんとのご縁を実感している。
生まれ育った実家が寺で、インドに居た8年間もその殆どをヒンドゥー教寺院のお世話になった。
 信州のとんでもない奥深い山の中で過ごした10年間もなんだかんだとお寺さんのお世話になり、得度出家する。
 そこでお世話になった興禅寺(老師は現在 長野県茅野市の頼岳寺の住職をされている)で連れ合いの美郷がご詠歌を習い始めた。僕達が甲府市に移ると、ほとんど時を同じくして興禅寺の老師が頼岳寺の住職に抜擢され、美郷は一時中断していたご詠歌を頼岳寺で習い始めた。

 お寺で行われる各種法要のさい、お坊さんたちが登場する前に歌われるのがご詠歌である。5~10人程の絡子(らくす)をつけた人たちが、鈴と鉦という鳴り物を鳴らしながら、ゆっくりとした調子で歌うのである。
 詠賛歌の歌詞の内容は、仏に帰依し「すべての物事に感謝し、生かされている事に感謝する」、といった内容である。

 ある時、美郷の歌うご詠歌にシタールの伴奏をつけてみると簡単な旋律が際立って聴こえる。これにギターとコーラスを加えるとどうなるだろう? 早速 長男の快を加え演奏してみるとなかなか良い。
 そして2014年家族band ANJALI BANDのアルバム「あんじゃりのうた」の6曲目に収録したのが「三つの宝もの」というご詠歌である。↓

こころをつなぐ歌

 同時に「三つの宝もの」と他3曲のご詠歌のミニアルバム「こころをつなぐ歌」をリリースした。
素直な感謝の心を歌うこのアルバムを若い世代の人たちに聴いてほしい。

 

ファーストアルバム「YATRI」秘話2

さて、「YATRI」の2曲目に収録した「こんな夕暮れに」という曲について!

  インドの詩人ラビンドラナート・タゴールの詩集「園丁」、英語名はgardenerに収められているものから抜粋した詩に曲をつけさせて頂いた。

この曲に寄せる僕の超個人的な想いを綴ってみる、、、タゴール氏は全く違った祈りを込めているのはわかってるけど。音楽も詩も絵画も人それぞれに勝手な想いを込めて愉しむんだから。

この詩には人間の傲慢さに対する「警告」の意味が秘められている。僕たちが毎度この曲を演奏する理由はここにある。もちろんこの曲がいい曲だというのもあるが(自画自賛 ・笑)。

このメッセージは発信し続けていきたいし必要だ。とくにこれから!

だから2014年にリリースした「Anjaliのうた」の最後にこの曲「こんな夕暮れに」を再び収録した。家族全員が参加した唯一の曲だ。

☆「YATRI・ヤトリ」2曲目:こんな夕暮れに(2000年リリース)

☆「Anjaliのうた」8曲目:こんな夕暮れに(2014年リリース)

ヤトリ

 

←2000年4月にリリースした「YATRI」の最初のジャケット。(2009年に再リリース)

 

 

 

ラビンドラナート タゴール

「こんな夕暮れに」の作者はこの方です。インドの詩人ラビンドラナート・タゴール(左)とアインシュタイン(右)のツーショット。

 

ファーストアルバム「YATRI」秘話

2000年にリリースした最初のアルバム「YATRI」秘話。

 1977年から5年間ヴィーナマハラジに師事していたガンジス河上流バデリナースには毎日大勢の巡礼者がインド全土からやって来る。

 日々 様々な巡礼者を眺めていると、人は皆それぞれの場所を目指し巡礼を続けながら命を使い切る生き物なんだなあ と思う。いろんな人々に出逢い、感じ、泣いて笑って喜び感謝する、そんな想いを音にしたかった。「YATRI」とは巡礼者の意味。

ヤトリ一曲目に収録した「遠い都」について少しだけ。この曲はチベット人の信仰心の深さを歌ったもの。

 姑息で極悪非道な蛮行をチベット人にやり続ける現中国政府。想像を絶する窮地に追い込まれてもチベット人たちは根を上げない。この強さは揺ぎない信仰心から湧き出てきている。揺るぐ事のない信仰心はどこから生まれるのか、と考えを巡らすのだが(考えてる時点でアカンと感じる)、やはり周りのものすべてに「感謝」する心が芽生えないと無理なんだろうなあ・・とストンと心に落ちる。

 この曲に「ラッドン」というチベッタンホルを入れたかったがラマ僧をしらなかったので「ラッドン」より凄い電気トランペットを近藤等則氏に吹いてもらった。つづく。

「遠い都」試聴>>>

 

 

雨のラーガを聴きたくなりました

インド・雨季

 梅雨本番です。九州に住まわれている方々・・本当に心配です。

 2、3日前に我が家のすぐそばの湖のわきを通りましたら、少し湖面が干上がって、底が露出していました。

 昨日からの雨でまた元に戻ったでしょうか?

 インドの季節はだいたい冬(乾季)、夏(乾季)、雨季の3つくらいでしょうか・・と言うのも、インドは日本の9倍程の広い国で、北は万年雪を頂いたヒマラヤ地方から、西や中央に広がる砂漠、半砂漠そしてアジアモンスーン(亜熱帯みたいな)と、日本のようにはっきりと決められることができない季節なのです。

 インドの雨季もものすごい勢いで、道路は川のようになり大雨が降ります。そして乾季に入ると、雨は降らず、大地はひび割れてしまうこともあります。

 ラーガ<メーグ>、「雨」という意味の喜びを表すラーガがあります。実際に雨を降らせると言われているラーガで、ベンガル地方のある踊り子が干ばつの時にラーガ<メーグ>を歌って、雨を降らせ、米の収穫を救ったという話が伝えられています。

梅雨の真っ最中の日本列島(北海道を除いて)にいて・・「雨のラーガ」を聴きたくなりました。

☆ライブ情報ですが、7月7日と9日東京でライブします。「雨のラーガ」を聴けるかなぁ・・

 

バドリナートの映像を見つけました!

懐かしい〜です!! 公朗はこのヒマラヤの大聖地に5年間ほど、「ヴィーナババ」と呼ばれるナーダヨギに弟子入りしました。バドリナート寺院のすぐ下には温泉浴場があって、氷河から轟音で流れてくるアラクナンダ川を眺めながら、温泉につかったことを思い出しました。わたし(美郷)が滞在したのは半年ほどでした。ゼッタイに忘れられないインドです。インドではバドリナートのことは「バデリナース」と呼びます。

☆「ヒマラヤ音巡礼・バドリナートのスワミジ」にその頃のことが書いてあります。

ほかにもバドリナートの映像がYouTubeにアップされています。Badrinathで検索してみてください。

 

信州筑摩三十三ヶ所観音霊場

信州筑摩三十三ヶ所観音霊場
画像は気ままな和煦の筆すさび様よりお借りしました。

 来週17日金曜日に、「信州筑摩三十三ヶ所観音霊場例大祭」で演奏をさせていただきます。

 霊場というのは「神仏の霊験あらたかな場所」の意味で、神社、お寺ほか神聖視される場所のことをいい、古くから信仰の対象になっています。現在でもお遍路さんや修験者の方などが多く訪れているようです。

 四国八十八ヶ所霊場遍路がたぶんいちばん知られている霊場めぐりと思いますが、「信州筑摩三十三ヶ所観音霊場」のように、日本各地には様々な霊場(霊場めぐり)があります。(実は伊藤公朗の実家もお寺で、八十八ヶ所霊場ではありませんが、義母が生きていたころには、よくお遍路さんがいらして「お接待」をされていたようです。)

 今回演奏させていただくのは観音霊場で、観音霊場は三十三のご寺院で構成されていることがほとんどです。「三十三」とは、観音経において観音様が人々の悩みや苦しみを救済する為に三十三の姿に身を変えることからきています。観世音菩薩様は慈悲と智慧により、すべての人々を救済する仏様です。

at:<長照寺>松本市笹賀3284
第1部 9:30:法要と式典
第2部 10:00〜:伊藤公朗:シタール/伊藤美郷:タンブーラ・うた/伊藤快:ギター・コーラス
お問い合わせ:0263-58-4444

☆お時間にご都合が つかれる方はどうぞお出かけくださいませ。観音様に喜んでいただけるような演奏会にできれば・・と心から願っています。(かなり難しい??・・・でも心を尽くしてがんばりたいです。)

信濃三十三観音札所めぐり(参考までにご紹介します。)

 「巡礼」とは、宗教における聖地・霊場を参拝することであり「観音巡礼」は観世音菩薩に出合う旅であります。この「観音巡礼」の起源は次のような 話があります。養老2年(718年)、大和長谷寺を開山した徳道上人が、病により仮死状態になり、そして冥土の入口で閻魔王に会ったのですが、「おまえが 死ぬのはまだ許さない。世の中にはたくさん苦しんでいる人がいるのだから三十三観音霊場を作り、人々を救うため巡礼をすすめなさい。」と告げられます。そ して現世に戻された徳道上人は「三十三の宝印」にしたがい、三十三の霊場を設けて庶民に巡礼を説いたと伝えられています。そして約270年後、花山法王に よりこの巡礼が世間に広く知れ渡るようになりました。

 札所になっているお寺にはそれぞれの縁起や伝承があり、そこにはご本尊さまにまつわる多くの物語があります。そして札所は二つとないご本尊 さまとご縁を結ぶ場所であります。日常の世界から非日常の世界の旅に出て、長い間護持信仰されてきた観音さまに出会うことで、自分自身を見つめ直し、素直 な気持ちで祈ることで清らかな心になることでしょう。救い、癒し、自己再生の旅、それが観音巡礼といえるでしょう。

 

徳嵩キルトアート「風遊び」

徳嵩キルトアートコンサート
キルトアート作家、徳嵩よし江さんの「工房のどか」で、「風遊び」コンサート

5月28日、長野県松本市四賀のキルトアート作家徳嵩よし江さんの「木と布工房のどか」での「風遊び」コンサート。蔵を移築された2階建ての工房には、徳嵩さんご夫婦の作品が、たくさん飾られています。大勢の方がお出かけくださり、とても楽しい午後のひとときを過ごさせていただきました。ありがとうございました。

お庭での美味しいひとときほか・・詳細をご覧ください。